フランスの語学学校 – 学校の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランス語の教育機関は、大きく分けると、私立の語学学校、公立の語学学校、大学付属の語学コースの3つの種類に分けられます。

私立の語学学校

毎週あるいは毎月開講する学校が多く、入校時期の融通がききます。また、宿泊手配をしてくれるなど留学生に対するサービスが充実していることがメリットと言えます。1クラスの人数は平均して10~12人ほど。4~8人という少人数制のクラスを開講している学校などもあります。

初めて留学する方や、会話力に自信のない方は、私立の学校からスタートすると安心できて良いと思います。学校の規模はさまざまで、学校所有の校舎や寮をもつところもあれば、アパルトマンののワンフロアを借り切って、開講している学校もあります。

公立の語学学校

経営母体が公的な機関(例えば商工会議所や国立の高等教育機関など)の学校を指しています。形態・特徴は、私立の語学学校とほぼ同じなので、当サイトでは、まとめて【私立】と表記しています。

大学付属の語学コース

は、大学が運営する語学学校で、ほとんどが、通年は学期制コース、4ヶ月単位です。入校時期が限定されており、通常、9月/10月開始の学期と1月/2月開始の学期があります。また、夏期に限り、1ヶ月の特別コースを開講している学校が多数あります。

また、中には、通年コースにおいても、1ヶ月単位や3ヶ月単位で授業を行う学校もあります。1ヶ月単位の場合は毎月、3ヶ月単位の場合は10月、1月、4月に開講されています。一般的な大学付属のコースでは、1クラスの人数が20人以上、大人数で授業を受ける場合が多く、DELF/DALFといった資格試験を考慮に入れた授業が行われています。文化講座が豊富なことも特徴のひとつです。会話の習得よりもアカデミックな勉強を望む方、中級レベル以上の方におすすめです。また、私立の学校に比べて費用もだいぶ安いので、長期留学の方には魅力的です。

ただし、 宿泊の手配は自分でするように、という学校も多いので、現地に不慣れな方にはちょっと厳しいかもしれません。もちろん、宿泊施設を提供したり、留学生へのサポート体制が整っている学校などもありますので、いろいろ調べてみることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る