フランスの学生ビザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランスの学生ビザは、高等教育機関、公立/私立の教育機関における学業を目的としてフランスに3ヶ月以上滞在する方が取得するビザ。最長1年間滞在できます。

1年以上の滞在を希望する場合は、ビザの有効期限が切れる2ヶ月前に地元の県庁または警察署で滞在許可書(CARTE DE SEJOUR)を申請します。

なお、学生ビザの受給者は、フランス入国後3ヶ月以内に居住県管轄の移民局 OFII に出頭し(または郵送)、手続きを行う必要があります。

この手続きを行わなかった場合は、不法滞在とみなされ、取得したビザも失効となりますので、注意して下さい。

なお、現在は3ヶ月以上6ヶ月以下の滞在のビザもあります。延長はできませんが、OFIIへの登録も不要です。

必要書類等は、フランス大使館サイト http://www.ambafrance-jp.org をご確認下さい。

※学生ビザを申請する方は、事前にフランス政府留学局 CAMPUS FRANCEへの登録と面接が必要となります。

また、進学や資格取得を目的としない場合は、ビジタービザの申請をするようにとのこと。

※FRENCH LABO では、ビザ申請に関するご相談はお受けしておりません。直接大使館にご相談下さいますよう、お願いいたします。

なお、フランスの学生ビザは代行申請が認められておりません。

FRENCH LABO 手続き代行サービス をお申込いただいた方には、フランス政府留学局の登録と、学生ビザの申請書類作成のお手伝いをしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る